PCゲーム 日記

[Gameplay]Out of the Park Baseball 20 part3

投稿日:

前回のあらすじ

オーナーに打率上げろバーカと煽られてキレた

単年勝負

ゲームだからね仕方ないね

今年度ライトに据えてじっくり使っていく予定だった青柳昴樹をトレードに出し、なんと森友哉を獲得。本当はセンター要員でオコエが TRADING BLOCK (トレード要員枠) に入っていたので獲得しようと思っていたが、オコエのトレード画面でこれほしい枠に入っていたのが青柳だった。それならばと青柳をトレードに出したら誰と交換してくれるかという SHOP A PLAYER の項目で出すと、森がいたので迷わずトレード。DeNA の選手はいつもそこそこに査定が高くて使いやすくて助かる。

これでライト要員がいなくなったため、ライトセンターが守れて打撃能力の高めな人を探していたら長野が市場に。

コーチとの相性などもわかる”らしい”

ただ、獲得に伴い「ロッカールームでケンカとか起こるんちゃうのあいつのせいで」という評判がちらほら。僕の知ってる長野さんはコミュ力お化けのくせに潔癖症っぽいよくわからん男なのだが、なんだろう森のロッカー汚いとかで揉めるのかしら。前年獲得した Fernandez がチームリーダー、森と松本剛が sparkplug (指導者,鼓舞する人, 中心人物) らしく、きっと負け続きや劣勢の時に起爆剤となってくれるのだろうと勝手に思っている。ゲーム内での細かい数値の変動もあるのだろうが、実際にどう影響するのかはマスクデータなのでわからない。

というわけで今年はこの布陣。センターとライトは流動的になるだろうが、他のポジションはほぼ固定のはず。とにかく前年度に比べて打撃力を高めに振ったはずなので、これでダメならもう仕方ない。控えもそれなりに打てるのを配置したので、調子次第や試合中のポジション変更にも対応している…はず。そして投手陣のあまり使われないリリーフ部分には二刀流の外野手兼任を入れてみた。

大成しない傾向にある二刀流だが果たして

一年目のドラ1をそろそろ使ってやろうという意図もあるが、少しでも打撃がマシな選手を使いたいという計算。投手としてはまだそこそこ程度だが100マイル投げてスタミナがMAXあるのでロングも行ける。さらに外野守備に長けており走力はおそらくゲーム中MAXの走攻守揃ったスピードスター(になる予定)。設定しないと代走に使ってくれないことが多々あるので、そこまで期待してはいないが、いると安心という存在ではある。

飛躍のシーズン

3位以下が全部借金という驚きの二強

いや言うほど飛躍はしてない。が、打率はなんと3位。特に目立った選手はいないものの、安定して打率を高められている。意外だったのがマルテのホームラン数。俺の知ってるマルテと違う。森の打率が思ったよりも奮わないが、攻守の要としての存在のほうが大きい。

そして前年度ダメだったベテラン枠の中島と違い、長野が思った以上のリアルな数字で大活躍。打率だけでなく長打も量産してくれているので、これは拾いものだったと言わざるを得ない。ショートの小幡君が伸び悩んだので、獲得しておいてよかった平沼翔太。守備は下手くそだが concact とEye が高めで、足も速いという今年度にうってつけの選手。ちなみにどうでもいいがエース兼4番だった名残か投手能力が微妙にある。その能力の通りこの時点で3割をマークしている期待の素材。

有り余るスタミナと溢れる打撃力
違う、そこじゃない。
あのチームおかしいやろ

カープの得点力がおかしい。ホームランが出にくいパークなのでヤクルトがぶっちぎるのはわかるが、打率はほぼフラットで2・3塁打が特に出やすいマツダを本拠にするとこうなる。

主犯格が大体この二人。これのせいで査定は高めの田中広輔すらベンチに押しやられる始末。そしてセカンドは菊池と西川で争う。外野には三冠王も狙えそうな鈴木誠也と全くもって隙が無い。前作ほど中村奨成が圧倒的な打撃能力でないのが唯一の救い。ただ高くないと言っても打撃能力はそこそこあり、守備能力はリーグ屈指である。つよい。

というわけでこういうチームを相手にして打率を争うのは明らかに無理である。セリーグにおいては本当にパークファクターに差があるので、阪神中日は1割引きが常。他チームはフラットかさらにドンなので、あのオーナーは明らかに現実が見えてない。それでも他のチームと比べて若干高いのが、いかに血反吐を吐きながらなのかを身をもって知る。

試合に負けて勝負に勝つ

クライマックスで散る

勝てるかこんなもん。前述のあいつらがフリーエージェントになるまであそこの天下だろうなと思わせる圧勝っぷり。

打撃向上+チーム成績爆上げなのに喜べない

というわけでもない。打率が4位だったというのはこの際置いておいて、チーム順位がと勝ち星を褒めたい。なんでこれで優勝してないんだろうと言いたくなる数字。先発4人がどこへ出してもエース級というところと、ドリスが80登板50セーブとかいうのはもう「いつものこと」である。

控えも全体的に高打率

チーム内首位打者がなんと長野。平沼が若干規定打席に到達しなかったが.313で115安打、高山も未達だが.292と全員割と安定。他球場なら3割台が何人か出ているだろう。結構頑張ったほうだと思うが、大幅改善ということにはならなかった。どうしても「基本は阪神タイガース」であるべきであり、大幅刷新のようなことをすると、いわゆるやきゅつくのような、元チームが全く分からない状況に陥りがちなのである。そのため、メインの選手や期待の若手はできるだけ動かしたくないからだ。それでも今年度は割と阪神の初期メンバーを動かした年ではある。

ホームラン係数.750の本拠でホームラン王

そんな中でマルテがホームラン王を取ってしまった。1年目から10本12本23本と伸ばしてきての唐突な41本には驚きを隠せない。1塁を守らせると守備指標ZRも10に迫っており、この辺は現実の「ゴロ捌きだけは超一流」感を感じさせる。個人的には大山がこういう能力と成績なら嬉しいのになと思うところだが、あちらはゲーム中の2019年以外不振を極めていて少々おつらい。

いい加減にしろや

「うん確かにちょっとは改善したね、でも4位って全然すごくないよね」で終わらされた。次はホームラン伸ばせとか言い始めてもう駄目だコイツ。ということで今後は基本無視することにする。頑張っても報われなさすぎる。ということで無理なチーム作りはこの辺でやめて優勝を狙いに行くことにする。

いかに広島を上回るチームをつくるか

壁となるのが主力選手の年俸。このゲームのエントリでは大体言及しているが、大体20億くらいが限度なので、今回の選手枠でいうと、藤浪10億森10億で終わる。このクラスなら出しても決して損ではないだろうが、全体的には皺寄せが来るのでなんともいえないところ。外国人を雇うにも一苦労になるし、オフの楽しみも無くなる。

シーズンが始まっても去就が決まらないって辛いな

極端な話、思い入れのある選手でない限り1軍での登録日数が9年(設定で変更可)を超えてフリーエージェントの権利を得たら契約延長は無し、となるのが当たり前のような仕組み。特にレギュラー級ならほぼタダから当たり前に億の3年契約、タイトル級ならいきなり5億円の契約に変わる(設定により範囲の変更可)。そのあたりが響いているのかは知らないが、筒香や山田哲人、坂本あたりが契約されないままリストに残っていたりするほど。外国人ではバレンティンやデスパイネなどがその傾向で、翌年見ると独立でやっていたりする。そういう点が響いてヤクルトが高速で弱体化する。逆に広島などは先述のように若い方に有力選手が多いので何年か強いのだ。

予算の半分を持っていくエース

全体としてデフォルト設定だとNPBらしくないというか給料に対しての予算が少ないのでは…と思う。毎年の年俸アップがなくてマイナー契約は実質タダで、それ以外の選手獲得は最低10万ドルから~のようなシステムはMLBらしさがある。その辺は基本的に日本のゲームでないから仕方ない。仕方ないが、ゲームとして遊ぶ際に幅が狭まっている部分は否めない。操作してないチームすら苦しんでるっていうのが設定の辛さを物語る。てかメジャーでのプレイだと年俸どうなってんだろう(やってない)。だからと言って全体的に年俸を抑えめの設定(全チーム共有)にすると、上位選手囲い放題のような歯止めのきかない状況になりかねないので、スター数人縛りのようなデフォルトは有りと言えば有りでもある。

やろうと思えばFA権を取る直前くらいに、前もって複数年契約を結んでおくなどの作戦を獲れば安くなるのだろう。ただ年俸高騰は博打であり、翌年以降のメンツを睨んでプレイするのであれば後回しにもしたい。3年後に今までのドラフト選手が花開かない場合もあれば、翌年にはすでに要らないと言いたくなるほど成長するケースもある。そうなると高年俸が仇となってしまいトレードも難しくなる。安いうちならプロスペクトも割と獲得できるので、入れ替えたほうが強くなるかもしれない。この辺が実際の野球チームでなく、野球ゲームなんだなと思わせる要素でもある。

森と契約しろってミッションもあるしね

ただまあ契約の兼ね合いもあるとはいえ、「藤浪と森のバッテリーを実現させたうえで、二人がタイトルを取り合って阪神優勝」というIFストーリーはちょっと見たいので、これを軸に外国人選手と外野のプロスペクトを確保しつつ、翌年活躍できる人材を求めて市場を見る、というのが今年のオフにやるべきことになった。

-PCゲーム, 日記
-,

執筆者:


comment

関連記事

AlienShooter review

AlienShooter 開発・販売: Sigma Team Inc.       概要       クオータービューの2.5Dシューティン …

[Gameplay]Alien Shooter シリーズがアップデートされ続けたので遊ぶ 1

何故なのか。それはわからないが2019年1月末くらいからなぜかカード対応・実績追加 (初代Alien Shooter) ・アップデート・バグ修正と急に Sigma Team がやる気を見せている。とい …

[Gameplay] Out of the Park Baseball 17 1回目

Title: Out of the Park Baseball 17 Developer: Out of the Park Developments Publisher: Out of the Par …

Counter-Strike: Global Offensiveで遊ぶ

最近はトラックも実績が割りと埋まってきて目途がついたので SaintsRow3かCS:GOで遊ぶことが多くなりました。       5vs5のちゃんとしたルールだと一人の …

[PC]RADEON RX 480 を買った

オリファンが軒並み長い高いでしかも数も少ないときたもんで、結局待ってた時期を無駄にしたなぁと思いつつ NTT-X store にて HIS のリファレンスカードを税込み30000以下で買いました。Gi …